トップページ
野生動物基金の概要
事業内容
主な事業
モーリーの森づくり
カレンダー販売
モーリー
助成
写真コンテスト
自然・環境出前講座
野鳥データベース
協力のお願い
報告書・予算・決算書
寄附行為
個人情報の扱いについて

 

第22回北海道野生生物写真コンテスト募集要項

2016

 テーマは動物(野生のほ乳類、鳥類、昆虫、は虫類、魚介類など)と植物(野生の草花、樹木、キノコなど)の2部門。札幌で入賞,入選作品すべてを11月4日~9日の写真展に展示します。

■

応募規定
 道内で撮影したカラーの単写真で未発表のもの。サイズは四つ切りか四つ切りワイド、デジタル写真はA4サイズも可。両部門合わせて1人5点まで。動物の繁殖に影響を及ぼす写真や撮影のために餌付けで動物を呼び寄せた写真、植物の保護地域に立ち入って撮影した写真、意図的に自然物に手を加えて撮影した写真、合成写真は対象外。
応募方法

<< 募集は締め切りました。 >>

各作品の裏面に応募票(道新本社受付などで配布するチラシ、またはこちら(PDF)および応募票(Excel)からダウンロードするか、82円切手を張り送付先を書いた封筒を同封して同基金に請求)を切り取り張り付け、2016年7月1日から8月1日(必着)の間に、〒060・8711 札幌市中央区大通西3、北海道新聞野生生物基金へお送りください

発表
2016年8月末までに北海道新聞紙上で
入賞
▽1席=動植物各1点、各10万円
▽2席=動物2点、植物1点、各5万円
▽3席=動物3点、植物1点、各2万円
▽鮫島和子賞=各1点、各5万円(以上商品券)
▽富士フイルム賞=各1点(記念品)
入選
優秀作=各若干点(記念品)
その他
入賞、入選作品の使用権は主催者に属し、応募作品は返却しません
問い合わせ
北海道新聞野生生物基金基金
電話(011)210-5773へ
(土・日・祝日を除く午前9時30分から午後5時30分)
主催
北海道新聞野生生物基金、北海道新聞社
協賛
富士フイルムイメージングシステムズ