会社概要  MAIL


問い合わせ TEL:011-210-1144 FAX:011-210-4747

 


 道新オーロラネット会員規約
 
第1章 総則
第2章 サービス
第3章 会員
第4章 会員の責任
第5章 利用の制限、中止及び停止
第6章 免責
第7章 係争
第8章 ネットの廃止
第9章 付則
 
 
第1章 総則
 株式会社道新デジタルメディア(以下、当社と呼ぶ)は電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第31条の規定に基づき「道新オーロラネット」においてインターネットサービスを提供するため、この規約を定めます。当社はこの規約を承認した会員と契約し、会員が利用する一切についてこの規約を適用します。また、当社は随時、本規約を変更することがあります。規約の変更については、当社のホームページ上、あるいは当社が適当と判断するその他の方法で事前に会員へご案内します。
 
第1条 名称
 当ネットワーク(以下「ネット」と省略)の名称は「道新オーロラネット」とします。
第2条 目的
 ネットは、北海道の情報化に寄与し、地域社会・経済・文化など多方面に渡って貢献することを目指し、会員のネットワーク利用のために努めます。また、当社は運用に当たって通信の秘密及び個人情報の保護に努め、会員各位につきましては自己責任の原則に基づいてご利用いただきます。
 
 
第2章 サービス
 
第3条 サービスの内容
 当ネットのシステムはインターネットへ接続するサービスを提供しております。
☆インターネットのサービス内容は以下の通りです。
1:インターネット接続サービス
1−1.電子メール
1−2.ホームページ開設
上記のサービスについては、当社の都合で随時、変更、追加、廃止することができるものとします。各種サービスを廃止する場合は、ネットを通じて事前に会員に通知します
第4条 会員の情報発信
 会員は自己の責任において電子メール及び会員用のホームページ(一般用・商用)において情報を発信することができます。
ただし、会員用ホームページについては、本規約を承認の上でお申し込みいただき、当社が当社の規定に基づいて内容を承認した場合に限りサービスを提供します。
情報の発信に当たっては、第14条に記された禁止事項を侵さないようにしてください。また、商品の通信販売・役務の提供などを行う場合は、訪問販売等に関した法律など関係法令に基づいて表示義務を守ってください。誇大な表現や虚偽の内容は認めません。一方、発信した情報によって第三者および当社が被った損害については会員が賠償するものとします。当社は会員と第三者の間の紛争について関与いたしません。
なお、会員のホームページの掲載内容が、当規約に反する、もしくは妥当ではないと当社が判断した場合、当社はその掲載内容を削除する権利を持ちます。
 
 
第3章 会員
 
第5条 会員の資格
 当社は、当規約を承認した個人及び法人と契約し、会員とします。18歳未満の方の入会申し込みには法定代理人の同意書が必要です。
第6条 入会申し込み
1: 入会希望者は当社所定の申し込み書に必要事項を記載し、提出していただきます。
2: 事実に反する事項が書かれた場合は無効とし、それに伴って当社、もしくは第三者に損害が発生した場合は申込者が賠償することとします。
3: 当社は入会を承認した方に利用者識別番号(ID)と暗証番号(パスワード)を交付し、この時点をもってネットサービスの利用を認めます。
4: 会員登録通知後、クーリングオフ期間の8日間以内に契約解除の申し出がない限り、会員が本規約を承認して入会、契約したものとします。
5: 契約解除をクーリングオフ期間中に申し出た場合、入会金及び会費は返却しますが、道新記事データベースおよびGサーチを利用した場合は、その料金を請求いたします。
第7条 入会の不承認
 次の事由に該当する場合には入会を承認しないことがあります。
1: 入会申込者が、過去に第14条(会員資格の取り消し)の事由に該当した行為をしていた時。
2: 入会申込者が、会員規約を承諾しない時、または契約上の責務を怠る恐れが明らかにある時。
3: 入会申込者が、正規に使用できないクレジットカードを指定した時。
4: 入会申込者が、実在しない時、または虚偽の名称を使用した時。
5: 記載事項に漏れ、誤記がある時。
6: 入会を認めることによって当社およびネットに支障を招く恐れがある時、または技術上・業務上の理由で当社がサービスを提供することが困難と判断した時。
第8条 入会金及び会費
1: 会員は当社が別途定める会費、利用料金などを、当社が定める方法(原則としてクレジットカードによる決済)によって支払うものとします。
2: 会費には、月額基本料金に超過料金並びにデータベース、追加メールアカウント、ホームページ容量追加サービスなどを利用した際の料金が加算されます。
3: 入会金、会費などの料金は事前通知をもって変更することがあります。
4: 入会金は、退会時に返却いたしません。
5: 会員の利用する端末機から最寄りのアクセスポイントまでの電話料金は会員の負担とします。
第9条 IDおよびパスワード
1: 会員は、ID及びパスワードの自己管理・秘密保持に努める義務を負います。原則として第三者への譲渡、売買、貸借、相続、名義変更は認めません。質権設定、その他の担保に供することはできないこととします。ただし、会員の家族および会員の関係者が利用した場合は、会員が利用したものとして扱い、会員に会費を請求します。
2: 法人の統合・合併などにより、会員の名称などが変更になった場合、法人内での利用者の変更および個人から法人へ資格変更(法人から個人への変更も含む)した場合、もしくは結婚・離婚などにより姓名が変更になった場合は、当社への届け出をもって会員の地位継承を認めます。会員がID、パスワードを失念した場合は届け出ていただき、当社の所定の手続きをしていただきます。
3: 使用上の過誤や第三者による不正使用などによって生じた問題は、会員の責任で解決していただき、当社は責任を負いません。ID及びパスワードを第三者に盗み見られた場合は速やかに当社へ届け出てください。これによってIDなどを不正使用された恐れのある場合でも、届け出以前に生じたネット利用料などは会員の負担とします。
第10条 変更の届け出
 会員は、氏名、住所、電話番号、クレジットカードの決裁に指定している預金口座、クレジットカードの番号、クレジットカードの有効期限などの変更があった場合は直ちに当社へ届け出ていただきます。届け出がなかったことにより、会員が不利益を被ったとしても当社は責任を負いません。
第11条 退会
 会員が退会を望む場合、当社は届け出を受けた当該月の月末をもって会員の退会と見なします。退会月の会費は徴収いたします。ただし、クレジットカードなどの事務手続き上、当該月の会費及びデータベース利用料金などが翌月、または翌々月に請求されることがあります。会員が死去した場合は、当社がその事実を知った時点で退会の届け出があったものとして取り扱います。
 
 
第4章 会員の責任
 
第12条 会員の自己責任
1: 会員は、ネットの利用に伴い、他の会員や第三者に対して損害を与えた場合、それらの人からクレームが通知された場合、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。また、会員が他者から損害を受けた場合、他者に対してクレームを通知する場合も自己の責任と費用をもって処理解決することとします。
2: 会員がネット上の情報やサービス、その他を利用したり、自ら提供する場合は、自己の責任において利用、提供してください。
第13条 著作権の保護
1: ネット上で得られるデータベース情報などは、それぞれに当該者の著作権が設定されています。その利用は、会員の個人利用の範囲とします。複製・販売・出版・公表及び配布などする時はあらかじめ著作権者と当社の双方から承認を受けてください。
2: ネットに提示されたデータベース以外の情報・画像の利用も個人利用の範囲にとどめることとします。他の目的のため転載、複写、利用または配布しようとするときは著作権者に事前に承認を受けてください。
第14条 会員の禁止事項
 会員は当社のサービスを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとします。
1: 他の会員及び第三者、もしくは当社に対する誹謗中傷、差別などにあたる行為。または名誉、信用、人権を傷つける行為。
2: 他の会員及び第三者、もしくは当社の著作権、知的所有権、肖像権を侵害する行為。または侵害する恐れのある行為。
3: 他の会員及び第三者、もしくは当社の財産、プライバシーや名誉を侵害する行為または侵害する恐れのある行為。
4: 公序良俗に反したり、反社会的な言動・行為。
5: ネット上に虚偽の情報を流す行為。または情報を改ざんしたり、コンピューターウイルスなど有害なプログラムをネット上に送信したり、掲載する行為。
6: 当社システム、または業務に重大な支障を与える行為。
7: 他の会員のID、パスワードを不正に利用した場合。
8: 他の会員、または第三者の当社サービスの利用を著しく阻害する行為。
9: その他、法律に違反する、あるいは犯罪的行為に結びつくと判断される行為、および当社サービスの運営を妨げる行為。
 
 
第5章 利用の制限、中止及び停止
 
第15条 サービスの中断・制限
 ネットは、原則として24時間運用に努めますが、システムメンテナンスなどのためシステムを停止し、各種サービスを中断することがあります。この場合、事前に当社のホームページ及び電子メールでご案内します。郵便その他の手段で通知する義務は負わないこととします。
また、当社が設置する施設について電気通信上の障害が発生したり、また、停電や天災、第一種電気通信事業者の原因によって通信が不能となるなど、不可抗力によって起こる事態、その他災害時の救援、交通、通信手段の確保や秩序の維持に必要な公共の利益を守らねばならない場合については、システムの運用を一時停止、あるいは使用を制限することがあります。この場合、できうる限り事前に運用停止と期間を予告しますが、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。また、アクセス先のサイト及び会員が経由する他のネットワーク上での障害についても当社は掌握・告知する義務を負わないこととします。
第16条 ファイル情報の整理・消去
 当社は以下の場合、会員がホームページに書き込んだ内容を整理、消去できるものとします。書き込み内容を削除した場合、当社はその理由を開示する義務を負いません。
1:システムの容量に余裕がなくなった時。
2:会員が本規約の第14条に該当する行為をした時。
3:会員が退会した時。
4:当社が不適当と判断した時。
第17条 会員資格の停止または取消
 会員が以下のいずれかに該当する場合は、当社は当該会員の会員資格を停止または取り消すことができるものとします。会員資格が取り消しとなった場合、すでに支払われた入会金、利用料金等は返却しません。
1:入会時に虚偽の申告をした場合。
2:第14条の禁止行為に該当する場合。
3:利用料金など支払い債務の履行が遅れたり、支払いを拒否した場合。
4:会員が指定したクレジットカードが無効となり、更新されなかった場合。
5:その他会員として不適当と当社が判断した場合。
 
 
第6章 免責
 
第18条 当社の免責
1: 当社はシステムが良好な状態で稼働するよう努めますが、当社に故意または重大な過失が無いかぎり、システムの停止によって会員が損害を被っても、当社は賠償責任を負いません。会員が経由する他のネットワーク上の障害によって発生した損害についても当社は責任を負わないこととします。また、システム停止中に会員がネットからサービス・情報を得られなかったことによる逸失利益や損害についても、当社は賠償責任を負わないものとします。
2: 無差別に接続可能なインターネットの性質上、当社は会員がネット上で得る情報・サービスの正確性、信頼性、有用性、品質などを保証できません。
3: 会員のホームページを含めてネット上のサービス・情報・営業行為などについては、会員の自己責任において利用するものとし、サービス及び情報等の利用を通じて会員に損害が発生しても、当社は一切の責任を負いません。
4: ネットを通じて、会員が他の会員または第三者に損害を与えた場合、当該会員の責任と費用において解決するものとし、当社は一切の責任を負わないこととします。
 
第7章 係争
 
第19条 損害賠償請求
 会員が第14条の事項に触れる行為をしたり、当社のシステムもしくは業務に支障を与えたり、当社の信用を傷つけた場合、当社は会員に対して損害賠償を請求することがあります。
第20条 対処
 会員と当社との間に損害賠償請求等の係争が生じた場合は、双方が誠意を持って解決に当たることとします。
第21条 合意管轄裁判所
 会員と当社との間に訴訟が生じた場合は、札幌地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
 
 
第8章 ネットの廃止
 
第22条 廃止
 当社は、営業上及び技術上などの理由により、ネットを廃止することがあります。この場合、事前通知に努めます。
 
第9章 付則
 
第23条 規約の範囲と変更
 当社がネット上で随時、会員に対して発表する諸規定は、本規約と同等の効力を持ちます。また、当社は会員の承諾を得ることなく本規約を変更する場合があります。
第24条 本規約の発効
 本規約は、2000年9月1日から効力を発します。
(2004年2月20日改正)
(2012年4月1日改正)  
 
このページのトップへ

 

 
(c) 2012 Doshin Digital Media Co., Ltd.