top

寄付

貸付事業

貸付事業

助成受付

助成受付

各種報告

個人情報の扱い

問合せ

 

 ◇ウェルネット社が奨学金に大口寄付
 札幌を発祥地とする、情報処理サービス業のウェルネット(東京、宮沢一洋社長)は6月30日、当基金の道新みらい君・ウェルネット奨学金に6,000万円を追加寄付しました。
 寄付は2015年6月、昨年6月に続く3回目で、総額は2億2,000万円となりました。
 経済的に苦しい、道内の国立4工業高等専門学校生を支援するために使われます。2015年度は29人に646万円、16年度は46人に860万円を支給しました。
◇当基金のホームーページが近く新しくなります。ご期待ください。アドレスも変更しますので、おってお知らせします。 

 ◇北海道奨学金ネットワーク(北奨ネット)設立
 道内で給付型奨学金を支給するか関係する民間の24団体で発足しました。ホームページのアドレスは以下です。道内の奨学金の情報を得る窓口としてご利用になれます。
https://hokusyonet.jimdo.com/
 
----------
寄付週計
----------
(敬称略)
7月15日〜21日
◇札幌市▽匿名 10万円▽日本礼道小笠原流北海道支部 3万円▽石渡巌 1万円
◇東京都▽城宝和茂 1万円
◇茨城県▽茨城県納豆商工業協同組合 2万944円
▽週計 17万944円
▽年度累計 6541万6233円

助成の流れ 助成事業受付 寄付金 北海道新聞社会福祉振興基金全体図 北海道新聞社会福祉振興基金全体図

 道内の社会福祉事業の振興を図り、道民の福祉の向上に寄与することを目的に「財団法人北海道新聞社会福祉振興基金」が設立されたのは1965年(昭和40年)4月です。それまで一部の篤志家に支えられてきた道内の民間社会福祉事業を、道民の協力で盛り立てようと、北海道新聞社が1000万円を拠出してスタートしました。半世紀にわたる実績が評価され、2012年(平成24年)4月には公益財団法人となりました。
 設立以来、毎年多くの個人、団体、会社などから寄付が寄せられています。これらの善意は、各種の助成事業、高校生などへの奨学金、社会福祉法人の設備整備への低利貸し付け事業に使われています。これからも、社会福祉向上、福祉を中心としたまちづくりなどを支援していきます。

■

<北海道新聞社会福祉振興基金の事業>=定款より

(1)社会福祉法人、社会福祉団体等に対する助成金の交付
(2)母子家庭等の生徒に対する奨学金の支給
(3)社会福祉法人等に対する低利資金の貸し付け
(4)道民に対し、社会福祉増進に必要な啓発事業
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業