top

寄付

貸付事業

貸付事業

助成受付

助成受付

各種報告

個人情報の扱い

問合せ

 

■「一般公募助成」「小規模通所就労支援事業所助成」「道新ボランティア奨励賞」の助成先が決定しました。
■「社会的養護児童進学・自立支援金」の受け付けは終了しました。(2016/9/5)
【「台風大雨義援金」受け付け】
8月20日以降に次々と襲った台風9号、10号、11号などによる大雨が、道内に大きな被害をもたらしました。
北海道新聞社は当基金を窓口に義援金を受け付けています。皆さまの温かいご協力をお願いします。
◇受付口座 ゆうちょ銀行 口座記号・番号 02730-5-76823
 加入者名「道新福祉基金」(払込料金は各自ご負担)
 寄付金は税法上の控除対象となります。
 払込取扱票通信欄に「台風大雨義援金」と記し、領収証の送り先を書き添えてください。
 寄付者の居住市区町村と氏名(匿名希望者は匿名と明記)、金額を北海道新聞紙上と当基金ホームページに掲載します。
◇受付期間 9月2日〜9月30日
◇配分方法 北海道災害義援金募集委員会を通じて道内の被災者にお配りします。
-----------------------------------------------
■義援金以外の寄付週計(9月17日〜23日)=敬称略・順不同
◆札幌市
▽セリオむすめや 7万円
▽道新大塚販売所 1万1610円
◆函館市
▽函館交通 2万円
◆旭川市
▽匿名 5万円

▽週計 15万1610円
----------------------------
台風大雨義援金に寄付した方々=26日受け付け分

助成の流れ 助成事業受付 寄付金 北海道新聞社会福祉振興基金全体図 北海道新聞社会福祉振興基金全体図

 道内の社会福祉事業の振興を図り、道民の福祉の向上に寄与することを目的に「財団法人北海道新聞社会福祉振興基金」が設立されたのは1965年(昭和40年)4月です。それまで一部の篤志家に支えられてきた道内の民間社会福祉事業を、道民の協力で盛り立てようと、北海道新聞社が1000万円を拠出してスタートしました。半世紀にわたる実績が評価され、2012年(平成24年)4月には公益財団法人となりました。
 設立以来、毎年多くの個人、団体、会社などから寄付が寄せられています。これらの善意は、各種の助成事業、高校生などへの奨学金、社会福祉法人の設備整備への低利貸し付け事業に使われています。これからも、社会福祉向上、福祉を中心としたまちづくりなどを支援していきます。

■

<北海道新聞社会福祉振興基金の事業>=定款より

(1)社会福祉法人、社会福祉団体等に対する助成金の交付
(2)母子家庭等の生徒に対する奨学金の支給
(3)社会福祉法人等に対する低利資金の貸し付け
(4)道民に対し、社会福祉増進に必要な啓発事業
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業