top

寄付

貸付事業

貸付事業

助成受付

助成受付

各種報告

個人情報の扱い

問合せ

 

■「一般公募助成」「小規模通所就労支援事業所助成」「道新ボランティア奨励賞」の助成先が決定しました。
■「社会的養護児童進学・自立支援金」の受け付けは終了しました。(2016/9/5)
◇児童養護施設や里親家庭の高校生を対象に大学などへの進学支援金を贈る制度で、本年度は申請のあった25人全員に支援金を贈ることに決めました。このうち、1人が辞退し、残りの人から合格通知が届き次第、順次支給しています。1月上旬までに、13人に合計283万円を贈りました。充実した学生生活になるよう祈ります。
◇歳末たすけあい募金に感謝
 歳末たすけあい募金に寄せられたお金に、当基金の拠出金を加えた550万円を北海道共同募金会に贈りました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。12月の寄付者は、下記の「12月に寄付していただいた方々」からご覧になれます。

◇道新福祉基金公式Facebookページ https://www.facebook.com/doshinfukushi/
-------------------------
 寄付の週計

1月14日〜20日
-------------------------
◇札幌市▽ツルハホールディングス 64万6477円▽札幌中古自動車販売協会 30万円▽ステラビヤ&ワイン会 2万3661円
◇函館市▽函館北地区少年野球委員会 1万3900円
◇旭川市▽匿名 15万円▽匿名 4万円
◇釧路市▽釧路洋蘭同好会
14万6394円
◇石狩市▽匿名 6千円
▽週計 132万6432円
▽年度累計 1億7663万2496円

12月に寄付していただいた方々

助成の流れ 助成事業受付 寄付金 北海道新聞社会福祉振興基金全体図 北海道新聞社会福祉振興基金全体図

 道内の社会福祉事業の振興を図り、道民の福祉の向上に寄与することを目的に「財団法人北海道新聞社会福祉振興基金」が設立されたのは1965年(昭和40年)4月です。それまで一部の篤志家に支えられてきた道内の民間社会福祉事業を、道民の協力で盛り立てようと、北海道新聞社が1000万円を拠出してスタートしました。半世紀にわたる実績が評価され、2012年(平成24年)4月には公益財団法人となりました。
 設立以来、毎年多くの個人、団体、会社などから寄付が寄せられています。これらの善意は、各種の助成事業、高校生などへの奨学金、社会福祉法人の設備整備への低利貸し付け事業に使われています。これからも、社会福祉向上、福祉を中心としたまちづくりなどを支援していきます。

■

<北海道新聞社会福祉振興基金の事業>=定款より

(1)社会福祉法人、社会福祉団体等に対する助成金の交付
(2)母子家庭等の生徒に対する奨学金の支給
(3)社会福祉法人等に対する低利資金の貸し付け
(4)道民に対し、社会福祉増進に必要な啓発事業
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業