近い石狩の釣り場です
二十日前にはコマイが11本も釣れ 期待して早朝はソイやイカ仕掛けも出すが動き無し
  
  小樽南防通いが続いたので近い石狩の様子を知りたいと暗い内に東防砂堤に上がる。
  今朝は風もあり寒さも身にしむ、石狩でもマメイカが釣れだしたのでここでも試したいと
 仕掛けを飛ばすが反応無し、ソイ仕掛けを流して見るもチビガヤのみ。
  投げに力を入れて釣り始める、第一号は馴染みのカワガレイ。
まだカワガレイが釣れています
竿先動いて期待するもカワガレイではガックリ その後に大きなウグイまで釣れるとは
  続いてまたウグイです、明るくなってコマイが釣れてくる二十日前なら暗い内の方が良く
釣れていたのに今朝は逆でした、腐ること無く粘りましょうと餌を替えて飛ばす。
  確りしたあたりに手応えあって30センチ近いマガレイが釣れてくる。
  イシモチも良し、コマイもまた顔を見せ何とか釣りになってきた、それにしても今朝は寒い。
もっと釣れると良いのだが
ポツリポツリではあるが持ち帰りできる魚が釣れ ようやく投げ釣り気分になる
  明るくなって釣り人も少し増えてはいるが所々に見えるぐらいで寂しい釣り場です。
餌のウグイならよく釣れているよ
湖沼にいるアオサギが防砂堤の上で餌を待っている 小型ウグイなら丸呑みです
  大きなウグイには口もつけない20センチぐらいだと呑み込んでいる、食い過ぎですよ。
  いつの間にか満腹になったのかアオサギは見えなくなっていた。
  周りの釣り人もウグイはよく釣れているがカレイ類は少ないしまだ大きなクロも上がって
 いないが誰かの竿にきっと来るはず、タモ入れしますよ。
つれていません
今日は用事があるので私は早上がりしますと9時前に竿を片付ける
  小樽南防の釣果から見ると石狩のここでは三分の一以下ですが、一寸来て遊びながら
 大物クロに会える機会もありそうです。 (下の針外しは16センチの長さです)
今朝の釣果
釣れた魚を足元に並べてパチリ マガレイ2 コマイ2 カワガレイ1 イシモチ2 アブ1
 帰り、一ヶ月以上続いている東埠頭のホッケ釣りはどうなっているかと見に行くと
 釣り人は20人ほどいますが「今朝は全体で10本も上がったか」と言う寂しい状態で
 竿が只並んでいるだけでした。
リンク用
back top next link