HOME
今月の特集
イチ押しGOURMET

 

 

 
 

 調理によってさまざまな味を楽しめるじゃがいもは、変幻自在のおいしさ。
 幅広い品種の個性も魅力的で、食べ比べると奥深さを実感できます。

 
 
 
1

専門店ならではの味わい「ポテトとタラのグラタン」780円

 1978年に開店した「穀物祭」。長年工夫し、手作りしているメニューは25種ほど。どんな料理にも適していると、道内産の男爵いもだけを使っています。
 開店当時から人気のグラタンは8種。ゆでて揚げたじゃがいもは、表面がカリッ、中はふわっとした食感が特長です。中でも「ポテトとタラのグラタン」は、香草で焼いたタラに自家製トマトソースが絶妙に絡み、とろける口当たりが心の底からほっとする味わいです。(亜)

   
 
1   3
 

所:札幌市豊平区中の島1条9丁目1−1 TEL 011・812・8888
営:10〜16時、18時〜L.O.22時(土・日曜・祝日10時〜L.O.22時) 休:不定 P:6台

 
6   8

 

 
 
1

枝豆コロッケのランチプレート756円(ドリンク付き)。テイクアウトは1個172円〜

 揚げたてが味わえるコロッケ専門店「じゃがいもはうすクラシカル」。南39条の本社工場で一つ一つ手作りしたコロッケが、毎日届けられます。1個からテイクアウトができ、店内ではランチやディナーも。昼はコロッケ2種が選べる「ランチプレート」、夜は単品のほかコースにコロッケが組み込まれています。
 注文を受けてから衣を付けて揚げるので、熱々のサクッホクッを存分に味わえます。コロッケは週替わりで5種そろっています。(麻)

   
 
1   3
 

所:札幌市中央区北2条西25丁目イルソーレトレ1階 TEL 011・624・7727
営:11〜L.O.14時、17時〜L.O.21時、テイクアウトは通し営業 休:水曜 P:なし

 
6   8

 

 
 
1

好みの2種類を組み合わせられる「ハーフ&ハーフ」810円

 9月でオープン3周年を迎えた「大地のフリット」は、顔ぶれ豊かな北海道のじゃがいもを、自分好みに仕上げて味わえるセミオーダー式フレンチフライ専門店。丁寧な下処理がおいしさの秘密です。
 主役は、産地・品種・カットの異なるじゃがいもに加え、かぼちゃやさつまいもなど12種。お好みで7種のソルト&パウダー、12種のディップを選ぶことができ、組み合わせは1000種以上。10月からメニューがさらに充実し、じゃがいもの奥深い魅力を発信しています。(千)

   
 
1   3
 

所:札幌市中央区南1条西3丁目3 札幌パルコ地下2階 TEL 011・206・1044  営:月〜金・日曜10〜20時、土曜10時〜20時30分 休:札幌パルコの定休日に準じる P:88台

 
6   8

 

 
 
1

一度に2個注文する人もいる「名物まつ久ら芋」600円

 「まつ久ら」の創作料理が広まって、北海道名物になった料理は数あれど、一番有名なのが「名物まつ久ら芋」です。54年前の創業時から続く先代の味をさらに進化させたのは、店主の松倉正和さん。熟成したニセコ産男爵いもを前日から仕込み、じゃがいもから出るだしと独自ブレンドのバターで、じっくり炊き上げます。決め手は微妙な火加減で出す、とろみと甘み。
 ふたを取った瞬間に香りがあふれ、記憶に残る逸品です。(亜)

   
 
1   3
 

所:札幌市中央区南5条西3丁目グランド桂和ビル2階
TEL 011・518・2103 営:17〜23時 休:日曜 P:なし

 
6   8

 

 
 
1

「じゃがいもと豚肉のサラダ」大皿864円・中皿648円。持ち帰りは大皿800円・中皿600円

 創業から35年間培われてきた確かな味と親しみやすさで、連日ファンの絶えない「中国東北飯店」。看板メニューの一つが「じゃがいもと豚肉のサラダ」です。
 おいしさの決め手は、メークインの下ごしらえ。一晩水に漬けてでんぷん質を抜き、絶妙な湯通しと水切りから生まれるシャキシャキとした食感がたまりません。素材に絡む大豆油とニンニクの香りが心地よく、程よい塩味がじゃがいものおいしさを教えてくれます。(千)

   
 
1   3
 

所:札幌市中央区南5条東3丁目6  TEL 011・512・8765

営:火〜土曜17〜22時、日曜・祝日17〜21時 休:月曜、第1・3日曜 P:なし

 
6   8

 

 
 
1

じゃがいもを満喫できる「ラビオリとニョッキのスープカレー」11時30分〜15時1000円、以降1080円

 北海道開拓の村で人気の年中行事の一つが、「十五夜〜お供え・お飾りづくり〜」。村内にあるススキやホオズキなどを採ってお飾りを作ったり、薪ストーブで月見団子を蒸かしたりと、昔ながらの十五夜のならわしを体験できます。
 今年は9月23・24日(各日@10〜12時A14〜16時)に開催。対象は小学生のいる家族で、各回10組まで。入場料金のみで参加できます。事前に参加希望回を電話でご予約ください。(千)

 

1   3
 

所:札幌市北区北15条西4丁目2-23シティハイムN15・1階 TEL 011・758・8758 

営:11時30分〜22時(スープ売り切れ次第終了) 休:年末年始 P:8台

 
6   8

 


札歩路編集部

〒060-8691 札幌市中央郵便局私書箱第6号

TEL 011-699-8877 FAX 011-210-5819

E-mail:ayumi@aurora-net.or.jp